So-net無料ブログ作成
アクセサリー ブログトップ
前の10件 | -

<三本立ての燭台>2990*Crypt of the Vampiress [アクセサリー]

syokudai.jpg
背の高い燭台のメタルフィギュアです。

syokudai2.jpg
これは米国リーパー製「2990: Crypt of the Vampiress」

syokuda3i.jpg
以前ご紹介した<バンピレス><薔薇の棺>とのセットのうちのひとつです。

syokudai4.jpg
サイズは高さ42mmほど。それにしても薄っぺらい燭台です(^∀^;)

syokudai5.jpg
水色と金色で、華やかに仕上げようとペイントしてみました♪
ろうそくは、蜜蝋っぽさを出そうとベージュがかったクリーム色に。
中央の宝玉は何色にしようか迷いましたが控え目にグリーンで彩色。

syokudai6.jpg
「おじいちゃん、コイツなにもの!?」
どうやら新しいペットみたいです(^∀^;)






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<蝙蝠の墓石と髑髏>Reaper/2157* Undead Awakening [アクセサリー]

haka1.jpg
米国リーパー製のメタルフィギュアです。

haka2.jpg
これは「Undead Awakening」というセットのうちのひとつ。

haka3.jpg
サイズは高さ32mmほど。

haka4.jpg
この墓石は、やや青味がかった色にしてみました。石の部分のモールドが
ナシ地になっていたので、ドライブラシがきれいに出来て、なかなか楽しかったです(*^ー゚)ノ♪

haka-j.jpg
月の沈む頃、墓地ではお祭り騒ぎの様子です。






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<悪魔の書見台>Reaper/3138*Demonic Tome [アクセサリー]


ちょっとおどろおどろしい、本と書見台のメタルフィギュアです。


これは米国リーパー製のもの。


Female Necromancer and Demonic Tome」というセットの
うちのひとつで、女性のネクロマンサーに付いています。


サイズは高さ23mmほど。


なんか台の部分にいっぱい顔とか浮き出ているので、肉っぽく塗ろうかと
赤系にしたのですが、あんまりこういうの苦手なので、それほど塗り込まず
あっさり済ませてしまったのでした(^^ゞ 

好きな人が塗ったらもっとホラーっぽくなって、なかなか
塗り甲斐のあるアイテムかもです(^_^)/


悪魔書で召喚された猫なのだから、得体のしれない何かかもしれません。






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<蝙蝠の墓標>Reaper/2043*Undead Rising [アクセサリー]


米国のメーカー、リーパーのメタルフィギュアです。


これはUndead Risingというセットのうちのひとつ。


サイズは高さ43mmほど。


墓石の部分を黒でペイントしてみました。それにしても墓標の周りには
髑髏がいっぱいで、なにやら恐ろしげなお墓ですねぇ(^∀^;)


お供え物はカボチャみたいです(笑)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<生贄の羊>Grenadier*2032 [アクセサリー]


今日のメタルフィギュアはちょっと残虐表現を含みます。R15指定です。
なのでそういうの苦手な方は、ご注意下さいね♪


グレナディア製、ドラゴンロードシリーズのメタルフィギュアです。


これは「テンプル・オブ・ケイオス」というセットのうちのひとつ。
祭壇の上でお腹を裂かれているようです。可哀想ですねぇ。


サイズは幅43mm、高さ12mmほど。


これは夫が塗ったもの。よくもまあ、こんなに丁寧に
血の筋を描くものだと思います(-_-)
この血糊はインクを使ったようで、てらてら光っているのがまた
なまなましいかんじです(^▽^;)


サバトの最中でしょうか・・・なにやら儀式のようですよ(>_<)

押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<衛兵の骸骨>Grenadier*Crypt of the warrior king/1987 [アクセサリー]


1987年頃に発売されたグレナディア製のメタルフィギュアです。


これは「Crypt of the warrior king」というセットのうちのひとつ。
<壷の宝物>が同じセットのものです。


これは昔に夫が塗ったそのままのもの。20年くらい経っても
どこも劣化しないというのが、メタルフィギュアの魅力だったりします。


通路の先には進みたいけれど、この骸骨の前を通るのは
かな~り嫌なかんじです(^_^;)






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<エルフの木の石碑>Grenadier*2029/1988 [アクセサリー]


「Mystic Wardstone」20年ほど前のグレナディア製メタルフィギュアです。


これは「2029 ENCOUNTER AT THE FOREST OF ELVENWOLD」
というセットのうちのひとつ。他に<エルフのテーブル>が同じセットです。
それにしても、なぜだか少し傾いている様子(^▽^;)


サイズは高さ28.5mmほど。ずいぶんこじんまりとした石碑です。


宝玉らしき部分のモールドが、少しタルかったのでメタリックを下地に塗って
質感の違いを出してみました。エッジの部分に明るい線を引いて、かっちり
した感じにしてみました。その他の部分はテキトーにグレーのグラデーションで。


このドアの鍵を開けるには、隣の石碑になにやら秘密がありそうです・・・。






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

リベンジ!<火鉢>Grenadier/wizards chamber [アクセサリー]


この暑さの中恐縮ですが、火鉢のメタルフィギュアです。
これは以前ご紹介したBrazierを一部塗りなおしたもの。


魔術師セットの一部なので、以前はなんとなく魔法っぽく紫に塗ってみたのですが
後から火鉢だったと知って、赤に塗りなおしたのです。


こんなものでも火鉢の石炭っぽくするにはちょっとコツが要ったというか
タッチが「まるく」ならないように、カクカク直角的なペイントで、
熾きている雰囲気を出そうと頑張ってみました(^▽^)/


暖かそうというか暑そうというか、もしかして我慢大会の最中だったりして(笑)






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

<石の棺>HOBBY PRODACTS [アクセサリー]


石造りの棺のメタルフィギュアです。


これは旧西ドイツのホビープロダクツ製のもの。今では撤退してしまったため、
米国のメガミニチュアというメーカーがここの商品を取り扱っています。


サイズは23mm×35mm×16mm(レリーフ含まず)ほど。


蓋が外れるようになっていて、中には遺骨もちゃんとあったりします(^_^;)


男性のレリーフが施されたものとの2個セット。手前のものは軽くエアブラシで
グレーを吹き付けてあるだけですが、影を入れたりドライブラシでハイライトを
入れるなどして手を入れると、立体感が強調された仕上がりになります。


この中に入ると寿命が延びるそうですよ。でも1回100Gだって。
・・・・・・ほんとかなぁ?(笑)






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

<樽と柄杓>Grenadier *THE OGRES LAIR*1987 [アクセサリー]


グレナディア製のメタルフィギュアです。


これはこれは「ENCOUNTER AT THE OGRES LAIR」というセットの中のひとつ。
昨日ご紹介した「捕われのお姫さま」「肉と包丁」が同じセットです。


大きさは高さ27mmほど。


樽の木目のモールドがほとんど入っていなかったので、丁寧に木目を入れて
ペイント。樽と柄杓の色身は少し変えて塗ってみました(^_^)/


今日もお客さんは来ないみたい。どうしてなんでしょうねぇ?






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - アクセサリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。