So-net無料ブログ作成

WWII ドイツ高射砲補助婦 ver.3 *オーロラモデル*ミリタリー [ミリタリーフィギュア]

ml030-1.jpg
うつ伏せで倒れているポーズのメタルフィギュアです。

ml030-2.jpg
これはオーロラモデル製ミリタリーシリーズのキット。
第二次世界大戦中のドイツ高射砲補助婦です。

ml030-3.jpg
スケールは1/35。脱げた帽子と犬とのセット。

ml030-5.jpg
塗装はいつもの如くシタデルカラーですが、ドイツ空軍の制服はTAMIYAアクリルに丁度よい色があるのでそれを下地に塗っています。その上から微妙な陰影はシタデルカラーでちょいちょいとテキトーに(^^ゞ ミリタリーフィギュアの制服ってゴワゴワした布地っぽいので、TAMIYAアクリルのツヤ消し剤を混ぜると良い感じになるような気がします。

ml030-6.jpg
顔は目を閉じているし半分だけなので楽でした。ただ、あんまり死んでいるっぽくしたくなかったので、半目なかんじで目にハイライトを入れています。とっても小さい点なため、筆よりも針に塗料を付けてチョン♪ってやると簡単にいきます♪

ml030-4.jpg
このフィギュアの塗装ポイントは実は髪。髪って1色塗っただけだとのっぺりして地味な印象になるのですが、女性を魅力的に見せるには、髪がゴージャスなのは重要なポイントだったりするのです。少し乱れた髪でちょっとメンドクサイけれど、丁寧に髪の束に立体感とメリハリを付けてみました(*^ー゚)ノ♪

ml030-j.jpg
大丈夫?ってワンコも心配しています(>_<)






押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 4

ちよのすけ

髪の毛の色塗り・難しいんですね。
今まで服のところばかりしか見てませんでしたけど、今度から、髪の毛のところにも注目してみようと思います。
by ちよのすけ (2009-06-22 16:56) 

ray

<ちよのすけさん
髪を目立たせると煩くなる場合はさっと塗るけれど、地味な軍服の場合はメリハリを利かせた方が女性らしさが出るんですよ(*^o^*)

実際、むかしの世界大戦の頃の女性も髪をカールさせたりして綺麗にセットしていたようですし、元々華奢な骨格の日本人とは違ってガイジンはごっつい顔立ちの人が多いので、髪にボリュームを出して顔の方を繊細に見せようとしていたのでは・・・なんて思います。

服はシワとか塗り込むとものすごく見栄えがするのですが、私はそこまでやる気力が無いのでいつもあっさりテキトーに済ませちゃってます(^^ゞ でも上手い人はほんとに上手なんですよ~立体をキャンパスに絵を描いているような感じで見事です(*^。^*)
by ray (2009-06-22 21:44) 

REALIST

フィギュア作成ではとても参考になりますね!
ミリタリー系のオーロラモデルは、博多のプラモデル屋さんで見かけたので1体を購入しました。

マイケル・ジャクソンの死には、驚きでした。
20年以上前に当時、スリラーのビデオを購入して何度も繰り返し見ていた記憶があります。
ブログでは、プラモデル作成で「1941年以降の対ソ連戦に見るドイツ陸軍戦車兵を再現」を更新しましたので写真だけでもお楽しみください。
★☆感謝の応援完了!★☆
by REALIST (2009-06-27 08:22) 

ray

< REALIST さん、ありがとうございます(*^^*ゞ
ドイツ陸軍戦車兵、拝見しましたよ~いつもながら綺麗な写真と解説で勉強になります(*^o^*)

マイケルは本当に残念でした。。。洋楽はSOLOがファンで学生の頃MTVとかミュージックビデオとかケイト・ブッシュとかピンク・フロイドとか強制的に見させられたのですがマイケル・ジャクソンも。惜しい人がまたひとり逝ってしまいました(T-T)
by ray (2009-06-27 23:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2