So-net無料ブログ作成
検索選択

<眠る少女>*その1*オーロラモデル [オーロラモデル]


今日は、私の塗り方ですが、人間の女の子の塗り方をご紹介します(^o^)/
素材オーロラモデルの新作「眠る少女」。 ベッドで寝ている女の子のキットです。

1.ベッドとシーツを塗り終えた状態です。


2.最初に肌の部分を「ドワーフフレッシュ」という赤みの強い肌色で下塗りします。

塗料は「シタデルカラー」を使用しました。ウォーハンマーで有名なシタデル社のミニチュア専用アクリル塗料です。 水性でニオイもなく、乾くと耐水性になるのでとても便利♪1色420円とやや高価なのですが、塗料の粒子が細かくて伸びが良く乾きも早くて皮膜力が強いという特徴があります。初心者でも扱いやすい塗料です。

他にも、模型用塗料(水性アクリル・ラッカー系・エナメル系等)、油絵の具などもミニチュアペイントに使用できます。自分が使いやすいものならなんでもいいと思いますが、ここではシタデルカラーでご紹介していきます(^▽^)/


3.次に「エルフフレッシュ」というやや黄色みがかった明るい肌色を上から塗っていきます。一番影になる暗い部分は薄く塗り、凸部やハイライトを付けたい部分には濃い目に重ねて塗り、メリハリを付けながらペイントします。

赤みの強い肌色を下地にする事によって、色の深みが増して発色が良くなり生き生きとした肌の色を表現する事が出来るような気がします(^_^)/


4.最後に「ペイルドフレッシュ」というピンクがかった一番明るい肌色で、ハイライトを入れます。この時、同じ調子で均一に塗ってしまうとメリハリが無くなるので、明るく目立たせたい部分には特に強めに塗ると、立体感が出ます。

シタデルカラーはこのように、「ドワーフの肌色」とか「エルフの肌色」とかファンタジィミニチュアを塗るのにそのまま使えるカラーが揃っているので便利です♪


5.髪は、黄色っぽい金髪にしたかったので「コマンドカーキ」という白っぽいベージュをベースに、「バボニックブラウン」という芥子色を混ぜて調色し、髪の部分に厚めにしっかりと塗りました。

基本色をしっかり塗る事で、あとから触っているうちに塗料が剥げた~(T△T)とかいう悲しい出来事を、けっこー防げるような気がしますo(^ヮ^)o

ちなみに「バボニック bubonic」とは「横痃(おうげん)」というリンパ腺の炎症によるはれ物の事なのだそうです。なんだか嫌な名前ですねぇ(^▽^;)
シタデルカラーは先述のように通常あるような基本色ではなく、ファンタジィなミニチュアのペイントにそのまま使えるような色を調色して販売しているので、こういう独自の名前が付いているようです(^-^*)

                                 その2につづく。('-^*)/





押して頂けるとうれしいです(*^∇^*)/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。